IMG_1301.JPG

家庭菜園

​ミニ耕うん機

04.png

耕うん機の選び方

①予算と馬力で選ぶ

 ミニ耕うん機は手頃で使いやすいサイズからパワフルで本格的なタイプまで幅広く揃ってます。

②菜園(畑)の広さで選ぶ

 菜園の規模に合わせてちょうどいいサイズを選びましょう。

③燃料で選ぶ

 従来のガソリンタイプに加えて手頃なガスタイプもあります。

④使い方で選ぶ

 気軽から本格的な野菜作りまで耕うん機の役割も様々です。

耕うん機は3タイプ

車軸タイプ

(10坪位までの畑にオススメ)

タイヤがなく、車軸に耕うん爪等のアタッチメントやロータなどを取付けるタイプの耕うん機です。

小さくて簡単に操作でき足元も安心。折りたたんでコンパクトに収納できます。

 

フロントロータリータイプ

(30坪位までの畑にオススメ)

回転部であるロータリが足元から離れているので安心感があり、旋回もラクラク簡単にできます。

特に女性の方にオススメです。折りたたんでコンパクトに収納出来るほか自走もできるので移動も楽に行えます。

 

リアロータリータイプ

(30~100坪位までの畑にオススメ)

車体の後方にカバーされたロータリがあり、重量を活かした作業性と余裕の馬力で

比較的大きな家庭菜園や、土の固い畑にも適しています。

当社では、耕うん機の購入を検討されている方のために、店舗のとなりに試運転できる畑があり、いつでも気軽に試運転でき、操作方法やアタッチメントの取り付け、メンテナンスなどのアドバイスを行っております。

試運転農場.JPG

たじま農機試運転場